私が風俗を愛用する理由

風俗を愛用した日々の体験談を紹介します。

風俗嬢を家に呼ぶ前に部屋を片付けよう

大学って基本的にイケてる人たちだけがモテるから、自分のようなアニメが大好きな男では彼女を作るのが難しい。たまに女の子の中にかなりのアニメマニアがいるけど、ああいうタイプはかなり理想が高すぎて友達になることさえ難しい。しかも、たまに言っていることがわからない時があるしなるべくなら関わりたくない人種かもしれない。もしかしたら、自分も他の人から見ると彼女と同じように思われているかもしれないけど、チャンスがあれば女の子と仲良くしたいと思っている。そこで、今後よい人生を送るために風俗へ行ってみた。デリヘルならお金があるだけでエッチができるみたいだし、好みの風俗嬢を指名できると先輩に教えてもらった。実際にデリヘルに電話をかけて好みの風俗嬢に家に来てもらった。初めは本当に好みの女の子が来てくれるとは思っていなかったので、一切部屋を片付けずに風俗嬢を待ってみた。すると、本当に彼女は来てくれた。しかも、部屋が汚くても嫌な顔せずに一生懸命ご奉仕してくれた。何というか、部屋片づけておけばよかったなと後悔してるよ。

好みの風俗嬢と仲良くなりたい

大学に行けばすごく可愛い女の子がいるんだろうなと思い、サークル活動や合コンなどとにかく積極的に行動してみた。でも、残念なことに俺が入学した大学には自分好みの女の子はいなかった。一応、数人の女の子に声をかけられたんだけど、ちょっと好みではなかったので全部断った。何というか大学生活はバラ色だと思っていたのにこれでは最高につまらない大学生活になってしまいそうなので、デリヘルを頼んで自分好みの風俗嬢がいないか探してみた。デリヘルのホームページに風俗嬢の写真があったので詳しく調べてみると、ほぼ好みに近い女の子がいたので彼女を指名した。大学生活で女の子に恵まれなかったので、今回彼女とエッチできたのが本当に嬉しかった。彼女の魅力は顔や体型だけではなく性格もなかなかいい感じで、話しているだけでもいい感じになることができた。とりあえず今回は彼女と仲良くなることができたので、次回は更に仲良くなるためにまた指名しようと思った。